XMのレバレッジ規制について解説

XMレバレッジ

今回はXMのレバレッジ規制について書いていきます。

888倍の最大レバレッジを宣伝しているXMですが、実はある条件を満たしてしまうと最大レバレッジが突如制限されるようになってしまいます。

知っておいて損はない知識ですので、ぜひご覧いただければと思います。

XMのレバレッジ規制とは?証拠金額によってはレバレッジが低くなることが。

まずは概要からです。今回のレバレッジ規制というのは一言で言えば「証拠金額が一定以上を超えたら最大レバレッジを制限する」というシステムです。

具体的なラインとしては、証拠金額が2万ドル(200万円)を超えた場合は200倍、10万ドル(1000万円)なら100倍に最大レバレッジが制限されます。

XMレバレッジ
XMのホームページ画像より。「レバレッジ」の項を参照してください。

まあ、これは当たり前と言えば当たり前の制限です。どんな証拠金額でも最大レバレッジを888倍にしてしまうと、絶対にふざけた枚数を注文する人が出てきますからね。

例えば証拠金1000万円で、800倍のレバレッジをかけると理論上はドル円で8000万通貨買えてしまいます(笑)

ゼロカットという制度を完備している以上、ハイレバレッジを利用したあまりに大口の注文を引き受けるのは、XM側としては非常にリスクを負う事です。

このような感じで、最大レバレッジを悪用して訳の分からない枚数で注文される事を避けるために、XMは最大レバレッジを規制しているのです。

レバレッジ規制はどのタイミングから始まる?

これは証拠金額が上限を超えた瞬間から適用されます。

つまり、ポジションを持っている途中でも、証拠金が200万円や1000万円を超えた瞬間からレバレッジ規制は始まるという事です(ちなみに事後報告でXMからメールが送られてきます)

ですが、レバレッジ規制を行うとポジションがロスカットされてしまう場合は、例外として猶予時間が与えられます。ですのでいきなりレバレッジ規制でロスカット、というような理不尽な事は起こらないように配慮されています。

レバレッジ規制が起きた後、最大レバレッジを888倍に戻すには。

では、次はレバレッジ規制が入った後、口座残高が減った場合の時です。この時口座残高が規制ラインを下回っても、自動では最大レバレッジが元には戻りません。XMのサポートにメールを送る必要があります。

最大レバレッジを引き上げたい旨をサポートに伝えると、最大レバレッジは元に戻りますが、当然また口座残高がラインを超えた場合は、レバレッジ規制が再び入ります。

ですので、超ハイレバレッジの取引を行いたい場合は、出金や他の口座に資金を移すなどして、証拠金の残高をよく整理しておく必要があります。

普通の人にはあまり関係のない制度ですが・・・

まあ、証拠金額が200万円とか1000万円とかを超えている状態で100倍以上のレバレッジをかける人なんてほとんどいないと思うんですけどね。「どんな取引してんだよ」と思ってしまいます(笑)

ドル円で言えば、実効レバレッジ100倍をかけたポジションなら100pipsの逆行でゼロカットです。200万円以上でこんな取引をする人はそうそういないでしょう。

あくまでも、ハイレバレッジは小さい金額から0になるか倍になるかぐらいのギャンブル的な感覚で行うものだと思います。

まとめ

  1. 基本的にハイレバレッジは少額残高専用のものだと思います。XMは超大口注文による不測の事態を避けるために、レバレッジを規制していますが、それでも1000万円でも100倍なので、国内と比較すれば破格の最大レバレッジです。
  2. 一度入ったレバレッジ規制を解除するには、口座残高の条件を満たした後、再度サポートに連絡をする必要があります。ここは勘違いしやすい部分ですので要注意ですね。

まあ、税金とかの絡みもありますし、そこまでの取引を海外でやる理由はほとんどないと思うんですけどね。100万単位で資金があれば、国内ぐらいのレバレッジでも十分な取引が出来ますし。

個人的には、海外でのハイレバレッジは入り口を作るためのものだと考えています。人それぞれと言えばそれまでですが・・・


専業トレーダーが使うFX口座
専業トレーダーはほとんどが海外FX口座を使っています。その理由はこちらをご覧ください。

専業トレーダーにおすすめの口座とその理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です