空売りするならドイツ株価指数?不安材料と今後の見通しについて

こんにちは。専業トレーダー大学生のアーヴです。

先月、「売るならドイツ株価指数」と書いていましたが、果たしてどうなっているのか見ていきたいと思います。

画像が小さくて申し訳ないのですが、先月貼ったのはこれです。

ドイツ株価

前月の予想記事⇒【2019年相場予想】下落トレンドになる理由を挙げてみました。

現在のドイツ株価指数

我ながら素晴らしいですね(笑)予想通り、ドイツ株価指数は順調に(?)下落しています。

まあ、ダウなんかは鉄壁だと言った24000をあっさり割った後、直ぐにリバってそれから再び24000割れを目指すという、よく分からない展開になりましたが、こちらも大凡予想通りでいいんですかね。

ドイツよりは強かったという点でも。

日経もあれな感じですが、日銀さんは今年6兆円ほどETFを買ったらしいです。あんまり悪口は書きたくないですが、流石にトチ狂ってますね・・・

ドイツ株価指数の今後の見通しについて

まあ、現状で喜んで買う人は居ないでしょう。売ってどこまで下がるかは正直分からないです。10000はいつか割るんじゃないかと思いますが、先の事は新規の材料にも左右されますのでなんとも言えないです。

とりあえず知っている事について ドイツ銀行懸念

最近では、渦中のドイツ銀行にマネーロンダリングの疑いがあるとかで、ドイツ当局が捜査をしたみたいです。

勿論マイナス材料です。

ドイツ銀行に関しては色々と言われていますが、懸念が杞憂に終わるよう祈っています。

リーマンショック後のどこか殺伐とした雰囲気は、子供ながらに嫌だった記憶があります。

恐慌となれば日本も政権交代になるのでしょうが、次は一体どこがやるんでしょうかね(笑)

後は先週のecbで、ギリシャ危機の際にEUを救った英雄であるドラギ先生が、経済の先行きに懸念を示しましたね。1年前の発言の強気さと比べてみると面白いです。明らかにトーンダウンしてますね。

関連記事:ドイツ銀行の株を買う方法 ~破綻危機で株価暴落は投資のチャンスか?~

ブレグジット

イギリスのEU離脱問題もいよいよ大詰めなわけですが、相変わらずのカオスぶりで、ポンドは連日殺人通貨の本領を発揮しております。

これもドイツ株価指数に影響は与えているはずですが、一体どうなるんですかね。

2度目の国民投票は意地でもやらない姿勢を見せていますが、最終的な落としどころはここしか無いんじゃないかという気がします。現状は袋小路になっているので、ここでもう一度民意を問うのではないでしょうか。

メイ首相は「国民投票の結果には敬意を・・・」というような事を言っていましたが、これは明らかな詭弁ですよね。

2年前のよく分からないままノリで決めた民意よりも、現在の民意の方が重要に決まっています。勿論メイ首相はなんらかの理由があってそう言っているのでしょうけど、私は専門家では無いのでそれ以上の事は分かりません(笑)

まあ、再投票で残留ルートなら、ポンドもユーロも株価も一度は全てを忘れて爆上げになるでしょう。凄まじい巻き戻しになるんじゃないですかね。恐らく再投票の時点で残留はほぼ確定になるのではないでしょうか。

まとめ

  1. ドイツ株価指数は下落中です。またドイツ銀行やイタリア問題が混迷を深めているため、買うのは危険だと言わざるを得ません。売ってどこまで下がるかは今後の展開次第ですが、今売るのは少し乗り遅れの感もあります。10000が価格的な節目となりそうです。
  2. .ブレグジットがかなりのトリックスターな訳ですが、もし残留orソフトブレグジットなら、ドイツ株価指数を買うのではなく、素直にポンド買いで良いのではないかと思います。ブレグジット絡みでの買い戻しがどこまで続くのかは、正直疑問ですが、一度はショーターを焼き払うと思います。

こうしてみると、2019年は波乱のスタートとなりそうです。

正直私のようなデイトレーダーにはあまり関係ないのですが、景気が悪くなるのだけは勘弁してほしいですね。

前回は日本にもかなりの体力がありましたが、今回ショックがあればどうなるかは分かりません(それでも他国よりは強いでしょうけど)

まあ、悲観し過ぎても仕方ないので、やるべき事をやるしか無いですね。どうせなるようにしかならないでしょう。

参考:そろそろ下落トレンドが始まるのかも【2019年以降の相場予想と投資戦略】

追記

ドイツ株価指数の月足チャートですが、もう少し拡大したやつも載せておきます。こちらの方が、今の位置づけが分かりやすいかと。

ついでに日経も。

更にはダウも(笑)

こうして各国を比較してみると、分かりやすいですね。何故か日経平均が一番下がらなそうに見えるのですが、多分気のせいだと思います。縮尺の関係かも。

また、ダウにはもう、上値を伺う力が無さそうにも見受けられます。いつまで粘れるかという感じです。

株の長期買いは厳禁でしょうね。

ドイツ株価指数を空売りする方法CFDと暴落の可能性について


専業トレーダーが使うFX口座
専業トレーダーはほとんどが海外FX口座を使っています。その理由はこちらをご覧ください。

専業トレーダーにおすすめの口座とその理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です