おすすめの外国株式の投資方法 ~米国株積立投資で円安対策もかねて利益を得る~

私は、現在、外国株に投資をしています。積立で毎月3万円程度をドル転し、大型株を中心に購入を続けています。

毎月、上げ下げはあるものの、安定して成長をしています。私の投資方法を紹介したいと思います。

私の投資方法の概要 「米国株」の「大型株」で毎月積立投資

私の投資方法は、「米国株」の「大型株」かつ「高配当株」に絞り、10-15銘柄をターゲットに、毎月積み立てを行い、資産を増やすことを前提としています。では、なぜ、このような方法に至ったのかについて、説明します。

なぜ、米国株式等なのか

まず、米国株式である理由です。理由は主に3点あります。

1つは、「ドルが基軸通貨であること」です。ドルはおそらく世界で最も強い通貨です。どこの国でもドルがあれば現地通貨に変えることができるでしょう。もちろん流通量も多く、安定している通貨になります。

もう1つの理由は、「アメリカが先進国で最も成長率が高い」ことです。アメリカは人口増加が続いており、これからも人口増加が期待できる数少ない先進国です。また、イノベーションの多くは、アメリカで生まれています。こういったことがアメリカの経済を支えています。

最後は、「アメリカの株式市場は株主に対して真摯」という点です。よく、会社は誰のものか、というのが話題になりますが、アメリカでは会社の利益は株主に還元する、というのが徹底されています。よって、多くの経営者は配当を増やしたり、株価を上げることに注力するのです。こういったことから、アメリカの株式市場は健全である、といえます。

大型株かつ、高配当株を狙う理由

大型株かつ、高配当株を狙う理由も明確です。

大型株を狙う理由は、成長が安定している、からです。

これは逆を言うと、不況時に強い、と考えられます。小さい株は、どうしても市場のボラティリティを受けやすく、株価の上げ下げが多くなります。これは、リターンも大きいがリスクも大きい株式です。

一方、大型株は、リターンは大きくないが、リスクも小さい株になります。リスクを考慮して大型株を選んでいます。

また、高配当株を狙う理由も、安定した成長を続けるため、です。アメリカでは連続増配企業と呼ばれる、配当を毎年増やす企業も数多くあります。こういった配当金を狙うことで、株価の上昇以外のリターンを得ているわけです。

株価上昇に比べて、配当金は安定しているのが特徴です。

また、配当金を再投資することで、複利効果も狙えます。なので、大型株といっても、無配のアマゾンやフェイスブックには投資していません。

米国株のデメリット 二重課税の問題

米国株には、1つだけデメリットがあります。

それは、外国株式に対しては、二重に課税がされることです。つまり、アメリカで配当に対して課税され、また、日本でも課税されるのです。税率は30%近くなります。日本株の20%と比べても高い水準です。

しかし、確定申告で多少は戻ってくること、また、それを差し引いても米国の成長が魅力であることから、米国株に投資する価値はあると考えています。

また、デメリットではありませんが、為替リスクがあることには注意が必要でしょう。

積立投資を行う意義

ここまでは投資先の話でしたが、投資方法についても言及します。投資方法は、毎月同じタイミングで円をドルに替える、そして同じタイミングで株を買い足す、というドル・コスト平均法を取っています。

日本円でのコストを安定させることで、円高の場合はドルを多く買い、円安の場合はドルを少なく買います。同じように、同じタイミングで、ほぼ同額株式を買います。株式については、割安だな、と思うものや、損失が出ているものを中心に買います。

円安、円高を読むことは非常に困難です。また、株式についても同様で、個別株の上げ下げを正確に予想することは不可能といっていいでしょう。下がるまで待つ、という行為は、ある意味賢明なように見えますが、実は機会損失をしているともとれます。

私は将来的には緩やかに円安が進み、米国株は緩やかに上昇すると思っています。なぜならアメリカの成長率は今後日本を上回っていくだろうからです。そのため、短期的な上げ下げは気にせず、機械的に買うことで、リスクをヘッジしています。

現在の投資状況

まずは、下記の画面をご確認ください。

現在は、約90万円で、9銘柄に投資しています。1銘柄あたりの保有量は5万円~15万円前後です。将来的には10~15銘柄で、それぞれの保有割合が5~10%に落ち着くよう、均等に投資をしたいと思っています。

株によっては大きくマイナスしているものもあれば、大きくプラスしているものもあります。個別株において、マイナスが出るのは仕方ないと捉えています。トータルでプラスになっていれば問題ありません。

また、現在9銘柄で、毎月配当が入ってきます。米国株は4半期に一度株主に配当を実施します。現在は毎月1000円~2000円前後ですが、これをさらに投資に回すことで、さらに保有資産と配当額を増やしていくことが狙いです。

いかがでしたでしょうか?

米国株の高配当大型株を中心に投資をすることで、長期的な資産を形成することが狙いです。アメリカはこれからも成長する数少ない先進国ですので、投資先としては非常に魅力だと思います。

関連サイト:海外株式の取扱数が多くおすすめの証券会社【外国株ならSBI証券】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です