ドイツ株価指数を空売りする方法CFDと暴落の可能性について

今回は当ブログイチオシの(?)ドイツ株価指数を空売りする方法等について書いていきたいと思います。

参考:空売りするならドイツ株価指数?不安材料と今後の見通しについて

まずはチャートを見ていきましょう。

こちらがドイツ株価指数(DAX)の月足チャートです。

ドイツ株価指数

是非NYダウやナスダックのチャートと比べてみて下さい。どちらが売りやすいかよく分かると思いますので。

現状では米株のリバに同調するような形で少し反発しましたが、10000割れは目前の格好となっています。勿論ここから戻していく可能性があるので決め打ちは危険ですが、売りと見るならNYダウやナスダックといった米株よりは旨味がありそうです。

ドイツ株価指数の取り扱い。xmがおすすめか?

私の使っているXMだと、ドイツ株価指数は「GER30Cash」と表示されています。

気をつけて頂きたいのは、スマホのmt4で取引する際、株価指数なら普通は1ロット以上で取引するわけですが、為替もその枚数で取引すると大変なことになるかもしれません。

具体的には、ドイツ株価指数を1ロット売った後に、ドル円やユーロドルなんかをそのまま枚数を変えずに注文してしまわないようにという事です。

mt4は前回の注文量を保存するので、ドイツ株価指数を売った後は、必ず注文量を為替のロットに合わせておきましょう。ドル円の1ロットは10万通貨なので、誤発注をしてしまう可能性があります。私も一度、それでやらかしました(笑)

パソコンのmt4でも事情は同じだと思いますので、是非気をつけていただければと。

ドイツ株価指数の取り扱い。国内編。

・・・といっても、私はまだ国内口座をあまり持っていないのでよく分かっていないのですが、ドイツ株価指数のcfdを取り扱っている大手の会社はGMOクリック証券やIG証券が挙げられます。

個人的にIG証券はノックアウトオプションという尖ったサービスが面白そうだと思っているので、私が開設するとしたらIG証券の方なのかなぁと思っています。

また、サクソバンク証券CFD口座も同様にスペックが高いのでおすすめですね。

参考:ドイツ銀行の株を買う方法 ~破綻危機で株価暴落は投資のチャンスか?~

ドイツ株価指数を空売りする際の注意点について

ドイツ株価指数を空売りする際にはいくつか気をつけることがあります。

ドイツ株価指数はユーロ建て。

現在1ユーロは123円ほどですが、ドイツ株価指数はユーロ単位で動きますので、計算をして発注をしておかないと思いの外、円での含み益含み損が高くなります。ドル建てだと「1ドル100円」の適当計算でもいいのかもしれませんが、ユーロやポンドだとそうは行きません。これはユーロポンドを取引するときなんかにも同じ事が言えますね。

空売りは難しい。

これは別にドイツ株価指数に限った話ではないのですが、株を売って儲けるのは結構難しい印象があります(別に買いが簡単な訳ではないのですが・・・)

安易に突っ込んで売ると先日のダウのようなリバに巻き込まれるため、よく気をつけて取引したいところです。まあ、一番簡単なのはいわゆる「バイアンドホールド」なのでしょうが、今の地合いでそれをやる訳にはいきません(笑)

そもそも暴落するかも分からない。

まあ、相場には無限の可能性がありますので、ドイツ株価指数が今後もこの下降トレンドを維持できるかどうかは断言出来ないです。現状で売るとやや突っ込み気味の感はあるので、損切りとリスク管理はしっかりしておかないといけないですね。

まとめ

  1. ドイツ株価指数は現状では米株よりもかなり弱いため、売るならドイツ株価指数なのではないでしょうか。米株は下げているのにドイツ株は上がったり下がらなかったりという風になる可能性は低いと見ています。米株が上げているのにドイツ株は下げている、というケースはあると思います。
  2. ドイツ株価指数のcfdを取り扱っている会社としては、海外ならXM、国内ならGMO、サクソバンク証券が代表として挙げられます。
  3. ドイツ株価指数はユーロ建てですので、その点はよく気をつけて下さい。

何度も口酸っぱく書いていますが、本ブログでの考察はあくまで私の個人的な意見であり予想ですので、もし本ブログを見てドイツ株価指数を売ろうと思った方がいらっしゃるのであれば、今一度ご自身でよく考えてから取引をしてくださればと思います。

また、日足レベルでは一時的に下降トレンドが怪しくなるほどのリバが入っていますので、その点も付記しておきます。正直今すぐ売れるかと言われれば、私は売らないと答えます。勿論買う気も起こらないので、しばらくは様子見した方がいいのではないかと思います。

最後にドイツ株価指数の日足チャートを載せておきますので、参考にして下さい。

いかにも嫌な感じです(笑)

※CFDについてはこちらのサイトをご参考に
⇒CFD初心者の始め方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です