海外と日本のFX市場のルールの違いと投資法について

普段あまり語られることがない海外のFX市場。投資の対象が国際通貨だけに、日本の市場で取引すればこと足りるからです。

ところが海外のFX市場には、日本とは異なる取引ルールが存在します。

しかも、投資家にとってかなり有利な違いであることはあまり知られていません。そこで今回は、海外と日本のFX市場のルールの違いと投資法について解説します。

海外FXと国内FXの違い

まず一番大きな違いは、海外のFX市場にはレバレッジに対する規制がないことです。

日本ではレバレッジが最大で25倍までと制限されています。

レバレッジに制限がないと聞いて、最初に思うのが追加証拠金いわゆる追証のリスクでしょう。

ところが、海外のFX取引には追加証拠金の徴収がないのです。(参考:追証を求められないゼロカットの海外業者は本当に便利?

つまりFX取引におけるリスクの1つが発生する心配がないのですから、これはかなり大きな違いといえます。

さらに、ロスカットが間に合わなかったらマイナスで清算される国内FXと違い、海外FXではゼロカットシステムにより不足分は業者が負担してくれます。なので相場急変時でも損失が限定されており安心感があります。

一方でデメリットといえるのが、海外業者には国内の金融ライセンスがないこと。

そのため業者が破綻した場合は、預金保険機構の保護対象外となり、証拠金が返還されないリスクがあります。

日本で海外のFX取引に参加することはできるのか?

さて、海外FX取引がメリット大なのは説明した通りですが、問題は海外FX取引の口座を日本で作れるかどうかです。

実は日本にも海外FXを専門に扱う業者が存在しますので、口座は簡単に開設することができます。

では、日本にいながら海外のFX取引に参加する方法を、具体的にご紹介しましょう。

現在海外FXを扱っている業者は多数ありますが、代表的な所はAxiory(最大レバレッジ500倍、最少取引単位1,000通貨)、GEMFOREX(最大レバレッジ1,000倍、最少取引単位1,000通貨)、iFOREX(最大レバレッジ400倍、最少取引単位1,000通貨)、LAND-FX(最大レバレッジ500倍、最少取引単位1,000通貨)、 TitanFX(最大レバレッジ500倍、最少取引単位1,000通貨)、 XM(最大レバレッジ888倍、最少取引単位100通貨)など。

その中のGEMFOREXを例に取り、実際の口座開設手順を見てみます。

【GEMFOREX口座開設手順】

GEMFOREXのホームページにアクセスし、「リアル口座開設」のボタンをクリック→口座開設フォームに入力→GEMFOREXからメールで仮のログインパスワードが送信→ログイン→ユーザーマイページに入力→GEMFOREXからメールで口座番号、ログインパスワード、Meta Trader(トレーディングツール)インストール手順が送信→Meta Traderをダウンロード→取引開始

以上が手順です。次に具体的な取引例をご紹介します。

最初は高レバレッジを少額で試すのがおすすめ!

レバレッジの規制がなく、追証の発生もない海外のFX取引を行なうのであれば、高いレバレッジを賭け、少額の証拠金で投資するのがおすすめです。

【取引例】ドル/円をレバレッジ100倍で1万通貨購入、レートはわかりやすく1ドル100円とします。
・取引金額…1,000,000円
・証拠金…10,000円
・1ドル101円の円安になった場合
101万円-100万円=1万円の利益。
・1ドル99円の円高になった場合。
逆に1万円の評価損になりますが、上記したように追証はありませんので、証拠金の範囲内でロスカットとなり、損失は最大1万円で済みます。

また、前述したようにリーマンショックのような突発的な悪材料が出てドル売りが殺到した場合、国内ですと売り気配でロスカットが間に合わず、証拠金を超えて決済されてしまう場合がありますが、海外のFX取引ではゼロカット制度により、不足分は業者が負担しますので、万一の場合でも、業者に借金を背負うことはありません。

こう見てくると、海外のFX取引は国内よりかなり有利なことがわかります。

上記の例でいっても、10,000円の証拠金で1円円安になれば利益が1万円で利益率100%。2円円安なら2万円、3円円安なら3万円と利益は青天井です。それに対し、損失は最大で1万円なのですから、ローリスク・ハイリターンな投資といえます。

それでも国内に比べて利用者が少ないのは、まだまだ海外業者の知名度が低いのと、破たん時の保護がないこと、売却した場合の入金が現地通貨で行なう業者があることなど、いくつかの理由があります。

しかし、それらの要因を補って余りある有利な条件を考えると、最大損失額1万円(上記投資例の場合)は勉強代と割り切ってチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

参考サイト:海外FX初心者の始め方


専業トレーダーが使うFX口座
専業トレーダーはほとんどが海外FX口座を使っています。その理由はこちらをご覧ください。

専業トレーダーにおすすめの口座とその理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です