ビットコイン購入におすすめの取引所はどこか?比較検証

ビットコインがついに1BTC30万円を突破、異常なまでの高騰はもはや社会現象になっています。ただ、株式に比べるとまだまだマイナーな存在のビットコイン。

初心者の方にとっては、どこで買ったらよいかもわからないのが実情です。そこで今回は、ビットコインの購入におすすめの取引所をご紹介します。

規模で選ぶならbitFlyer(ビットフライヤー)

規模による安心感で選ぶならビットコイン取引所最大手のビットフライヤーがおすすめです。同社の株主には三菱UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンク、SBI、GMOなど名だたる金融グループの関連会社が名を連ねています。

ビットフライヤーの最大の魅力はビットコインの入金、出金、取引手数料がすべて無料であること。どのような投資でも手数料は大きなポイントなので、最大手ならではのメリットといえるでしょう。

さらに、流通量が多いのも売るケースの場合は有利です。出来高が少ないと売りたい時に思うように売れず、現金化できないというリスクが発生します。売る時のことを考えるとビットフライヤーの口座開設は必須と言えるでしょう。

⇒bitFlyer

取引のしやすさで選ぶならCoincheck(コインチェック)

初めてのビットコインの取引となると、わかりやすさも重要なポイントです。その点では、アプリの操作がシンプルで取引しやすいコインチェックがおすすめ。

スマホアプリからもログインが可能で、このアプリが使いやすいと評判です。クレジットカードでの決済もOKなので、現金が無い時でも機会を逸することなく発注できます。

取り扱い銘柄も主要な仮想通貨9種類をラインナップしているほか、ビットコインで不動産投資が行なえたり、電気代をビットコインで払えたり(Coincheckでんき)と用途が広いのも魅力です。

⇒Coincheck

サービス内容で選ぶならZaife(ザイフ)

ビットコインのデメリットの一つは、値動きが粗いことです。1日で数万円動くことも珍しくなく、相場が過熱しやすいのが難点。デイ・トレードに慣れた方なら別ですが、初めて取引する方はリスクを少しでも抑えたいところ。

そこで1回1回の取引はリスクが大きく、発注も面倒という方におすすめなのが、同社の自動積立サービスです。

最近は金やFXなどでも自動積立サービスを行なっている金融機関は多いですが、ビットコインも積み立てで購入することが可能です。

積み立て投資の良い点は、一度に購入して高値掴みをするリスクが無いことです。夢を追いつつも購入金額を平均化させたい方には一考の価値ありでしょう。

そして、もうひとつユニークなサービスがマイナス手数料という制度。つまり投資家側が手数料を払うのではなく、逆に取引するごとに手数料をもらえるという同社ならではの目玉サービスです。

⇒Zaif

今後はバブル化の懸念があり、口座開設は今がチャンスか

さて、高騰が続くビットコイン価格の行方が今後どうなるのかですが、しばらくは上昇相場が続きそうです。3,500銘柄以上が上場している株式と違い、仮想通貨は取り扱い銘柄数が少なく、そこへ大量の買いが集中すれば需要と供給の関係で、価格は上がらざるを得ないのが実情です。

バブル化すればその分リスクも大きくなります。口座開設はバブル化前の今がラストチャンスと考えることもできます。

三菱UFJフィナンシャルグループや、GMOインターネットグループなどの金融機関が仮想通貨ビジネスへ参入することから、今後は法人の需要も増えていくでしょう。

キャッシュレス社会の進展をにらみ、ますます需要が拡大しそうな仮想通貨。その代表銘柄であるビットコインで夢を追うのもよし、安全を期して積み立てで運用するもよし。とりあえず安心感のある上記3取引所で口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

参考:ビットコインの基礎と今後の見通し【始めるなら少額からがおすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です