バイナリーオプションの注意点・負けてしまう方法とは バイナリーオプション解説⑤

このシリーズも最終回になりました。最後にまとめとしてバイナリーオプション取引で勝てるチャートの読み方を解説します。

前回までのシリーズで説明しましたが、バイナリーオプショントレードで決してやっていけないことをまとめておきます。

※バックナンバーはこちら

バイナリートレードのタブー(負ける方法)

バイナリーオプショントレードで負ける方法、パターンは以下です。

  • 機械的に意味のないトレードをふやす(毎回トレードしようとする)あるいは目先のチャンスに毎回飛びつく
  • イン・ザ・マネーで100円のような少額を少しづつ稼ごうとする
  • 判定時間間際にトレードすることでダイレクトに判定に持ち込んで勝ちを狙う
  • 取引のグラフ画面だけを見て目先の動きや値段で売買する
  • 今もなくファーアウトを大穴狙いで買い付ける

なぜ、以上のようなやり方がいけないかといえば、バイナリーオプションの仕組みを利用して儲けてやろうというという間違った前提に基づいているからです。

システムそのものが元もとスプレッドの関係上FX会社に有利にできているので、それをいくら突き詰めていっても、おそらく個人トレ-ダーに有利なシステムトレ-ドというのは生まれることはないでしょう。

特に判定時間まぎわを利用するやり方などは誰でも思いつきそうなものなので、FX会社がその時間ではかなりサヤ(スプレッド)が参加者に不利になるように提供しているのは間違いありません。

取引画面だけを見て判定時間や価格帯を利用してうまくトレードしようとするのではなく、あくまでチャートを本格的にみて相場の動きを判断することが重要になります。

基本的なチャート判断の仕方

【五分足チャート】

ドル円の五分足チャ-トですが、判断には普通五分足を使います。判定時間まで三十分以内のものがいいでしょう。チャートででている重要な節目(レジスタンス)を探します。

そのポイントまで来た時にレジスタンスやサポートラインで折り返しそうだと反転する方にかけます。

たとえば中央にある下値のように反発して円安に戻りそうだとATM(アット・ザ・マネー)の円安の方にかけます。

一番右端のように下抜けてくるようだとATM(アット・ザ・マネー)の円高にかけることになります。

実際には時間内に再反転する場合もありますが、残り三十分くらいだとうまく制限時間に結果が出てくれます。

じつはこれくらいのことはチャートを使って判断する人は日頃から行っていることだと思います。相場の強さ弱さによって反転したりしなかったりこれも試行錯誤がありますが、一番重要なことは、このシステムを突き詰めていくことで確率が上がり収益がプラスになってゆく可能性があるということです。

これは重要なポイントで、判定時間間際を利用しようとしたり、毎回エントリーして勝とうとしたり、機械(ソフト)に任せて利益を取ろうとする試みはそれをどんなに改善しようとしても利益を生み出せる方向にはいきません。

唯一、チャートを本格的につかって経験やデータを増やし人間の判断を磨いてゆくことだけが、収益が出る方向へシステムを改良してゆくことが可能になるでしょう。

とくに重要なサポートやレジスタンスのライン上では意図的な売り買いがはいることもあるのでそれを読むことでトレードに役立てることもできます。

チャートを使った方法 クラスタートレード

チャートをつかったトレードにはもうひとつ方法があります。一時間足(二時間足)を使った方法です。

【ドル円 一時間足】

いわゆるクラスタートレードとよんでいますが、陽線や陰線のクラスター(かたまり)を見ることで、これをトレードに生かそうというわけです。

二時間おきに判定されるのが普通ですがFX会社によっては奇数判定と偶数時間判定があるので、8時、9時、10時・・・というように銘柄を選んで一時間足を見て勝負をかけます。

チャ-トの形を見て陰線が多くなりそうだったら売り(円高)陽線が多くなりそうだったら(円安)にひたすらかけていきます。この建て方が面白いので説明しておきます。

確率を重視するトレード法と倍々ゲーム

陽線が出そうなクラスター
買い・買い・買い・買い・買い・・・・

バイナリーオプションの板で言えば
円安・円安・円安・円安・円安・・・・・・

というように一時間ごとにひたすらそのクラスターで連続して買っていきます。注意しなければいけないのは、全部当ててやろうとしてどっちつかずのところでまぜこぜでエントリーしないことです。

たとえば10回連続して勝負して7勝3敗とか6勝4敗などという結果を出してゆきます。トレードにつかうのはATMです。

できるだけ極端な流れになりそうな時を狙ってやるので、毎回次の一時間の流れを読もうとするのとは意味がかなり違います。

これをもっと投機的にしたのに倍々ゲームで行くやり方があります。

つまり陽線が出そうな時に、

1万円買い⇒2万円買い⇒4万円買い⇒8万円買い・・・・・

というように儲かった分の利益もいれて倍々ゲームで賭けてゆく方法です。

もちろん三連勝くらいすることは結構あるので8倍狙いで一回ずつ方向をあてようとする賭け方も可能です。

ただこれも機械的にやってしまってはいけないので、あくまで改良して利益を増やしていけるシステムにしてゆくことが重要なのです。

チャートを見る場合は節目のポイントを探すことと、現在の相場の強さ(地合い)の判断がとても重要になってきます。そしてこれはシステムもトレーダーも磨きをかけて上達できる要素なので、挑戦のしがいがあるでしょう。

まとめ バイナリーオプションで勝つためには

◎自分も上達して改良していけるシステムを基本にする。

◎チャートは節目のポイントを探して相場の強さを判断する。

◎クラスターでエントリーするときは連続して陽線や陰線の出そうなポイントを狙う。

◎バイナリーオプションのシステム自体はFX会社有利なので、相場を見る力で勝負する

◎実戦で利益を出しながら検証を続ける。

バイナリーオプションについてのより詳しい情報は以下のサイトをご参照ください。
⇒バイナリーオプション初心者の始め方


専業トレーダーが使うFX口座
専業トレーダーはほとんどが海外FX口座を使っています。その理由はこちらをご覧ください。

専業トレーダーにおすすめの口座とその理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です