アルトコインのFX取引は可能か?DMMが仮想通貨FXに参入

ビットコインが先導役となって巻き起こった仮想通貨ブーム。値動きの良さに人気も過熱気味ですが、ここへきて起きたビットコインの急落で、アルトコインに注目が集まっています。

そこで今回は、DMMが発表した仮想通貨FXの詳しい内容と、アルトコイン相場の行方について展望します。

アルトコインのFX取引は可能か?

ビットコインのほかにもアルトコインと呼ばれる様々な種類の通貨が存在する仮想通貨。それらのアルトコインを組み合わせてFX取引をすることはできないかと考える投資家もおられるでしょう。

アルトコインとは、Alternative Coinの略で、ビットコイン以外の仮想通貨・暗号通貨のことを指します。採掘や使用方法はビットコインと同じため、ビットコインとそれ以外のコインを分けて呼ぶ場合に使われる言葉です。

FXの本来の意味は「外国為替証拠金取引」ですが、最近では仮想通貨と円などバーチャルとリアルの組み合わせにも使われるようになりました。

さて、アルトコインのFX取引ですが、2017年12月までは実施している取引所はありませんでした。

仮想通貨のFX取引を実施しているのはビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)、ビットバンク(bitbank)、GMOコインなどですが、いずれもビットコインを対象とする取引のみでした。

DMMの新サービス開始で仮想通貨取引は新時代へ!

やはりビットコイン以外のFX取引は無理なのか……。

そう思っていた矢先、2017年12月12日に、東京ビットコイン取引所がDMM Bitcoinに社名変更。

これを機にサービスシステムを一新し、2018年1月11日から仮想通貨7種類によるFX取引を開始すると発表がありました。

参考:アルトコインのFXができる取引所はあるのか?イーサリアムやリップルのFXは可能?

まさに、アルトコインFX投資を希望する方にとっては、待望のニュースといって良いでしょう。

今回仮想通貨FX取引の開始を発表したDMMは、インターネット通販やビデオ・オン・デマンドサービス等を行なっているITメディア企業です。グループ内にDMM.com証券を擁するDMM FXホールディングスがあります。

では、DMM Bitcoinが始める新取引サービスの内容を見てみましょう。

取引できる仮想通貨ペアは以下の通りです。

  • ビットコイン/円(現物取引有り)
  • イーサリアム/円(現物取引有り)
  • ネム/円
  • リップル/円
  • ライトコイン/円
  • イーサクラシック/円
  • ビットコインキャッシュ/円
  • イーサリアム/ビットコイン(現物取引有り)
  • イーサクラシック/イーサリアム
  • ネム/ビットコイン
  • リップル/ビットコイン
  • ライトコイン/ビットコイン
  • イーサクラシック/ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン

7種類、14通貨ペアとバラエティに富んだラインアップになっています。人気の主要な仮想通貨はほぼ揃っている感じですね。ただ、モナコインは無いようで、残念です。

レバレッジ取引可能も、倍率は控えめ

FX取引に欠かせないのがレバレッジですが、新サービスにおけるレバレッジは5倍と控えめな設定になっています。これは最近のレバレッジ規制の動きが影響していると思われます。

また、リスク軽減のためのロスカットは、証拠金維持率の80%以下となっています。追加証拠金(追い証)を入れて80%を回復しない場合は、すべてのポジションが決済されます。

対象銘柄は、上記の14通貨ペアすべてでレバレッジ取引が可能です。

●株式会社DMM Bitcoinによる新サービス概要

  • 取引時間 24時間365日 午前7時~翌日午前6時59分
  • 取引形態 現物取引およびレバレッジ取引
  • レバレッジ 5倍固定
  • ロスカット 証拠金維持率80%以下
  • 入出金通貨 日本円、ビットコイン、イーサリアム
  • 入金方法 クイック入金、銀行振り込み
  • 取引手数料 現物取引、レバレッジ取引とも無料
  • スワップ 日歩0.04%(日本円)
  • スプレッド 各通貨ペアの出来高によって異なります。

初心者には難解な注文方法の理解が必要

多彩な注文方法があるのは便利ですが、初心者の方には聞きなれない用語もあるので、内容を簡単に列記しておきます。

・ストリーミング注文…リアルタイムで提示されている価格をクリックして約定させる注文方法。許容範囲を設定でき、100円のレートに対し3銭まで範囲を設定した場合は100円3銭以内なら注文が成立します。

・OCO注文…同時に出した2つの注文のうち、片方が約定したらもう一方の注文は取り消される注文方法。指値と逆指値を同時に出すことによって、どちらのケースにも対応できるのでリスクを軽減できます。

・IFD(イフダン)注文…「110円で買ったものを115円になったら売る」というように、買いと売りを同時に出す注文方法。110円で買えない限り、115円の売り注文は成立しないので安心です。

・IFO注文…イフダンにOCOを加えたもので、イフダン注文が成立したあとにOCO注文が発注される仕組みです。

口座開設は3ステップで簡単

最後に口座開設の方法をご紹介します。申し込み手順は以下の3ステップでとても簡単です。

1. メールアドレスの登録。すぐにマイページが開設されます。

2. マイページから個人情報の入力。本人確認書類の提出。

3. 審査後、郵送された書類に記載のコードを入力して口座開設完了。マイページから入金して取引スタート。

上記のマイページには多彩な機能が搭載されています。日本円、仮想通貨の資産を一括管理できるほか、専用の仮想通貨ウォレット(仮想通貨を保管するWeb上の財布のようなもの)が用意されているので、安全性も高く便利です。

さらに入出金の手続きもマイページから行なえるため、1つのアプリで投資に関する一連の情報をすべて把握することができます。

ビットコイン急落でアルトコインにリスクヘッジ需要が発生か?

では、今後のアルトコイン相場はどう動くのでしょうか。

それにはビットコイン相場の行方に大きく左右されそうです。

ビットコインは史上最高値240万円を付けたあと急反落し、一時135万円と100万円を超える安値まで沈みました。

2018年1月4日午前7時30分現在は171万110円(Kraken取引所価格)と落ち着きを取り戻しています。

いずれ200万円台を回復するものと思われますが、今後も価格水準が高くなるほど反落の幅も大きくなり、乱高下のリスクが増していきます。

その時に代替商品として需要が高まるのがアルトコインです。

今回のビットコイン大暴落の過程でもアルトコインを代表する銘柄のイーサリアムは一貫して上昇を続け、1月4日現在では11万円台で史上最高値を更新しています。

あなたもビットコインのリスクヘッジ銘柄としてアルトコインへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です